上下顎前突(バードフェイス)の原因と治療方法について

バードフェイスとは、正式には上下顎前突といい、上のあごと下のあごが正常な位置よりも前にある状態のことをいいます。見た目としては口元が前に突出しているように見えるのが特徴です。この状態を放置していると、食べかすなどが溜まりやすく、ブラッシングもしにくいため虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、全体のバランスが悪くなることで、顎の正しい成長を阻害してしまう可能性もあります。さらに食べ物をかみ砕くことがしにくいため、飲み込みで食事をすることにより胃腸に負担をかけることになり、結果的には栄養の吸収を妨げてしまうことになります。さらに見た目においても歯が出ているためコンプレックスを招くことにもつながるため、原因を把握し適切な治療を心掛けるようにしましょう。

引き起こす原因について

バードフェイスは、骨格性上顎前突症と歯性上顎前突症の2種類に分けられますが、骨格性上顎前突症については、原因の大半が先天的なものと考えられています。これに対して、歯性上顎前突症は、生まれつきあごが小さいため、前歯が生えるスペースが狭く、前歯が前に押し出されてしまうことが原因とされています。どちらも先天的な要因が多いですが、中には乳幼児期におしゃぶりを強く噛んだりする習慣があったり、指しゃぶりの習慣があるなどの生活習慣が原因の場合もあります。他にも前歯を舌で押し出す習慣がある場合、歯に力が加えられ続けるので少しずつ前歯が前に押し出されてしまうということもあります。先天的な原因は仕方ないですが、生活習慣の場合もあるというとを理解しておきましょう。

治療方法や種類について

バードフェイスの治療方法としては、基本的に歯列矯正をすることになります。骨格性上顎前突症の場合は、歯列矯正では十分な結果が得られない可能性があるので外科手術と歯列矯正を併用するパターンもあります。一方、歯性上顎前突症の場合は、歯列矯正のみで治せる可能性が高いです。ただし前歯を引っ込めるためのスペースがあごにあることが前提となります。万一引っ込めるためのスペースがなければ歯を削ったり、抜いたりする必要があります。なお、歯列矯正の方法も色々とあり、マウスピース矯正という方法もあります。これは、歯に透明なマウスピースを装着し矯正を行うという方法です。自身で自由に取り外しができるという点でメリットがあります。このように治療方法も様々なので専門家に相談し自身に合ったものを選ぶようにしましょう。