バードフェイス、別名カッパ口ともよばれる上下頤前突

バードフェイスは正式には、上下頤前突(じょうががくぜんとつ)といいます。歯が何らかの原因で発育に異常をきたして、上下の噛み合わせの位置がずれてしまう不正咬合(ふせいこうごう)の一種です。上下頤前突は、上下の前歯、または上あごと下あごが正しい位置よりも前にある状態で、口元が前に突きだしているように見えてしまうのです。前に突出した鳥のくちばしのようにも見えることから、この名前でよばれているのです。チンパンジー口、またはカッパ口ともよばれます。口元が前に出ているため、唇の下から頤の先端にかけてある筋肉、オトガイ筋が引っ張られて緊張して、まるで梅干しのようなシワが寄ってしまう場合もあります。口を閉じたときに、梅干しのようなシワができてしまう症状は、上下の歯が前に出てしまっている可能性が高いのです。

様々な体調不良を引きおこす、上下頤前突

バードフェイスの原因としては、顔の特徴や頤の骨の奥行きが大きいという個性によるケース。そして日常的に口を開けている口呼吸をしている、口周りの筋肉である口輪筋が弱く唇から歯にかかっている力が弱い場合などには、歯が前に向かって生えやすくなってしまいます。上下頤前突は日常生活において、食事などには特に支障はありませんが、口元がもっこりとした印象に見えてしまいます。身体の健康への影響としては個人差がありますが、頤のバランスの悪さが原因で、口が大きく開かない頤が痛むといった症状がある顎関節症や口呼吸が原因の疾患など、頭痛や肩こり、ストレスといった全身にも症状が出てしまうケースもあるのです。そして鼻や口周りの筋肉があまり使われないと、筋肉がゆるみ、しまりがない印象の顔になってしまうのです。

上下頤前突を放置しておくと、様々な口腔内トラブルの原因に

バードフェイスは、噛み合わせと歯並びくらいならと治療をおこなわず、放置されてしまう傾向が多くあります。しかし口が閉じにくい状態は、口腔内が乾いてしまうドライマウスの原因にもなってしまいます。ドライマウスによって、口腔内の健康を保ってくれる唾液の分泌量が減ることで雑菌が繁殖し、虫歯や歯周病、歯槽膿漏、口臭といったトラブルもひきおこすのです。上下頤前突が小さな子どもにみられた場合は成長に伴って、より目立つようになってしまいます。治療するのであれば、7~11歳から始められますし、成人でも十分治療で改善することができます。しかし、症状によっては矯正で治せる場合と、外科手術を施さなければ治せない場合もあるのです。上下頤前突にお悩みで治療を検討しているのであれば病院に相談し、十分なカウンセリングを受けるのが良いでしょう。